2014年04月05日

名前の由来(渋谷、山手線)

今朝は良い天気ですね〜
先日までの雨で桜は散り気味ですが、これだけお天気が良いとお花見でなくてもお出かけしたくなります!

お出かけ…渋谷に行きましょう!(なんでやねん)
【僕の知人が渋谷大好きで、完全に影響を受けています】

そもそも、なんで渋谷っていうのでしょう?

いくつか諸説があるようです。

【その@】
土中を掘ると青い砂や貝が出てくることがあり、このことから昔この辺りが海辺であったことが予測されています。
そこから、このあたりが『塩谷(しおや)の里』と呼ばれており、やがて『渋谷(しぶや)』になってしまったと言われています。

【そのA】
川の水が鉄分を多く含んでいて、赤サビのような渋色でした。
そのことから、この地域の川が『シブヤ川』と呼ばれて、そのまま地域が『渋谷』となりました。

【そのB】
この地域を相模国渋谷庄の人が開発されたといわれているかた。

きっと他にもあるんでしょうね。どれが本当かもわかりません。
わからないから、色々考えられて楽しいんですよね〜


ついでに、渋谷を通っている山手線についても触れましょう。

山手線は『東京の山の手を走る路線』だから、山手線と名前がつきました。
山の手とは、1.住宅地域、2.山に近い方、という意味です。

だから本来は、品川〜新宿〜田端側の山がある側だけを山手線というんですよね。
環状線が山手線ではありません。

残りのAKB(アキバ)やGMT(上野)側は東海道本線などと言われていますが、
まあ、ややこしいし面倒だから、ぐるっと一周を山手線にしちゃったんですね〜

こんなどうでも良い(笑)ホンマでっかな豆知識も、ちょくちょく書いていきたいですね。
良かったら、どんどん見に来て下さい。

(※ホンマでっかな情報には諸説がありますので、ご注意くださいw)
posted by ドラ虎 at 08:03| Comment(0) | 名前の由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。